堀川オート工業株式会社は地域に愛され必要とされる店づくりをモットーにしている会社です。

堀川オート株式会社
0120-251810 メールからお問合せ サイトマップ

鈑金・塗装Sheet metal & paint

ボディコート

超耐久性・超硬質性のガラスコーティング

ARKBARIA21

一般的にカーコーティングとは、高級なボディコーティングとされています。ワックスもカーコーティングという意味では、コート膜で塗装面を保護し、ツヤを出すことで同じです。

しかし、施工法や耐久性・保護性能に大きな違いがあります。

ボディコート

ポリマーシーク加工・チタンコート加工・レインダンス、ハンドレット施工・セラミック・フッ素施工等さまざまな施工があります。(ワックスの概念の施工品も一部あります。)

ボディコーティングの定義は、通常3ヶ月以上の持続性があることとワックスよりさらに過怠皮膜を形成していることです。

その中でもアークバリア21は、ガラスコーティング施工で今までにない3年以上の耐久性を誇る商品です。

アークバリア21の特徴

Point.1他社・他商品比べてもすべてにおいて、5倍~10倍の超耐久性

Point.2少々の色の劣化、キズは新車の輝きにより近くサービスいたします。

Point.3新車からコーティングすると新車の塗装を保護し、より鏡面度を確保!

Point.4手掛けWAX一切不要

Point.5洗車機での水洗いだけでOK

Point.6酸性雨、塩害、ほこりからボディーを守ります!

ガラスコート施工の特徴

表面の光沢は?

従来の光沢保護剤に比べて、大変重量感のある光沢が期待出来ます。ボディー自体のシルエットも完全に崩さない厚さの皮膜であるため、反射光沢は見違えるものがあります。水っぽい光沢では無く、本来の塗装の輝きが100%表現できる光沢です。

耐久性は?

コート剤としての持続性の定義をはるかに上回る3年以上効果を発揮します。

その他の特徴

  • 日常の手入れは水を流すだけでOK!
  • 洗車機によるブラシ傷が付きにくい。
  • 塗装色が褪せない。
  • ワックスのように水玉が出来ず、リング状のスケールが出来にくい。
  • 潮風による腐食が無い。
  • 耐紫外線・耐薬品・耐汚染・耐浸透水性・撥水性が優れている。
  • ウインドウウォッシャー液によるボディーの被害が少ない。
  • 従来のコート剤は、光沢に重点を置き、本来の保護剤のメリットが少ないものが多いが、
    光沢・仕上がり・保護効果と接続性等に条件を満たすコート剤です。

施工後の注意

施工後1~2週間は、洗車はしないで下さい。

研磨剤・微粒子系のワックスのご使用に付いては、ガラス膜を削る恐れがあるため、劣化の原因となります。

アークリンス(200cc)2,100円(税込)

効果は約1ヶ月程度です。

アークリンスをスプレー容器に入れ、少量の水を加えて使用していただくと簡単で便利です。

洗車後、ボディの水分を拭き取らず、スプレーして柔らかいタオルで拭きあげてください。

ARKBARIA21

Page top